無理なく利用できるキャッシング

きっかけは興味本意でした。もともとパチスロ依存症の私は給料をほとんどパチスロに使っていました。

ある時、大負けして2日で給料を使い込んでしまいました。依存症の私は何とかして資金を調達しようと考えました。その日にパチスロをするお金がないのが我慢できなかったのです。

ふと見たら、某消費者金融の無人契約機がありました。それまで借り入れをしたことがない私はいくら借りていつまでにいくら返してという知識すら知りませんでした。

30分で借りれますの文字にひかれるがままなかにはいり30分後約10万円をキャッシングしました。
私は、泥沼にはまっていきました。

結局あれよあれよと借金は膨らみ続け、銀行の引き落とし感覚で利用し続けた結果、5年後には2社への返済額は200万円になってしまいました。

妻にもばれ、自分と妻の両親にもばれ、完全に信用を失いました。

しかし何とか妻が給料とキャッシングからやりくりして返済し続けてくれたお陰で、5年で完済することができました。
それ以来、妻には頭が上がりません。

しかし自分ではどうにもならなかったので本当に感謝しています。

今すぐお金が必要なとき、少しの期間だけ、長期必要など人それぞれ必要な期間も必要な額も違うと思います。
そんなときに人が考えるのが消費者金融や銀行ではないでしょうか。

一度お金を借りたら返し続ける必要のある借り方しか私は知りませんでした。

しかし、銀行に行ったときカードローンを見つけました。
これは一度借りたら返さないといけないことに変わりはありませんが、必要なときに駆りなおすこともできます。

それも、ATMなどで簡単に借りたり返したりすることができるということです。

作るとき少し不安もあり、簡単に返したり借りたりできるのであればずっと返し終わらないのではないか、借りすぎて自分の首を絞めないだろうかなどと自問自答しました。

でも、最初にカードを作成したときに銀行から毎月返済額は最低金額はあれど、自分で決められるし、自動引き落としすることもできるということでした。

それであればと安心して利用しています。

もちろん自制心をもつ必要もありますが、おかげで苦しい思いをすることはなくなりました。
消費者金融でお馴染みのキャッシング・サービスですが、初心者の人ほど、テレビで宣伝しているような有名大企業のサービスばかり利用する傾向があります。

それはキャッシングに慣れていないので仕方のないことです。それに業界大手の企業を利用すれば悪徳金融に騙される心配も殆どないので、それは理にかなった使い方だとも言えます。

しかし、名前を聞いたこともないような小さな街金のキャッシングでも、大手の大企業に負けない品質の高いサービスもあるのです。ですから、無名の小さな会社は駄目だ、などという考えは良くありません。それは単なる誤解であり、間違った考えです。

それゆえ、もしもキャッシングの借り入れに慣れてきて、ある程度キャリアを積んだなら、次回は小さな街金のキャッシングを利用してみるのも良いものです。

ただしその場合、貸金業登録番号などを事前に確認するなどして、健全な業者であることは確認しておくべきでしょう。それくらいの用心は必要です。